kijihata

通称キジハタ 関西でアコウ 東海でアズキマスと呼ばれる
とても美味しい高級魚!

魚嫌いの我が嫁に、「人生で一番おいしい魚を食べた」とまで
言わしめた、甘みと弾力がある最高の身です。

旬は夏!毎年6月から11月頃までが釣り時で、
夏になると岸辺近くに集まってきます。
ボートで深場を狙えば、年中釣れるようです。

カサゴと間違える人がいますが、キジハタにはカサゴのような
頭のトゲトゲがなく、ウナギのようにぬるぬるした体表で判別できます。

本来ハタは南洋の暖かい海にすみますが、
日本海はキジハタの魚影が非常に濃いです。

夜行性の魚で、昼間は穴の中で寝ていますが
夜になると這い出してきて小魚や、エビ等を食べます。
基本夜釣りで狙い、石川県では「夜寝ず」とも呼ばれています。

キジハタの釣り方とポイントをご紹介していきます。

 

 

キジハタ釣りのエサ選び!何で釣れるの?

 

キジハタは、大きさによってその食性を変えます。
30センチ位までは、小魚、エビ・カニ等の甲殻類の
他イソメやゴカイなどの虫も好んで食べます。

それ以上の大きさになると、完全に魚食性の魚になり、
アジの泳がせ釣りか、ルアー釣りでないと釣れません。

堤防から狙うなら大きくても35センチ位なので、
アオイソメでも十分釣れますよ。

[titled_box color=”white” title=”今まで釣って効果が高かったエサ”]

岩虫・ストロームシ・・・食いは抜群!臭いで寄せる

カメジャコ・・・40センチが連発した実績

アオイソメ・・・何匹も房掛けすると食いがよかった

アジ・・・昼に釣っておいて、泳がせ釣りで効果抜群!!

[/titled_box]

 

他に手に入れば大き目の海エビが効果があるようです。
売ってるところは限られます。

ホタルイカの冷凍品に食いついたこともあり、
動きもさることながら、嗅覚も発達していることが分かります。

田舎にお住みの人は・・・ザリガニを捕まえて持っていきましょう。
釣れますよ!

 

 

仕掛けと釣り方

menkyo 017

仕掛けはシンプルです。上記のブラクリ仕掛けでも十分OK!!
基本は根魚ですし、鯛のように警戒心もあまり強くないので
そこに魚がいて、エサがあれば釣れてしまう。
ビギナーでも釣れます!

ぶっこみ釣りでのんびり狙うなら、
仕掛けはカサゴ釣りと同じようなものですが、ハリスは少し
長めに取ります。
後は海底の岩場や、船の通り道などに投げ込んでおくだけ。

 

手持ち竿で探り歩くなら、こちらもシンプルな仕掛け。
磯竿5メートルくらいのものに、道糸とハリスをチチワ結びで連結。
ハリスは2メートルくらいとります。

ハリスに針を結んだら、針より下に数センチハリスの遊びを作り
そこにガン玉などのオモリを噛ませれば完成!
的確に底取りをしながら広範囲を探れます。

 

IMG_0343

ハリス付きで売っているセットを使ってもいいですが、
針は丸セイゴ12から13号、ハリスは2、3号でフロロカーボンを
使います。

 

アタリがあったら・・・
コンコンと小気味よいアタリがでます。
ぐっと強く引き込むアタリがでたら一気に合わせます。
たいていはこれでしっかり針がかりしてくれます。

キジハタはカサゴ等と比べ物にならないほど良く引きます。
グイグイと住処に戻ろうとする引きで、糸を切られないように
フロロカーボンハリスでいきましょう。

おススメは、東レのエクセレント 安くて癖がなく優秀です。

 

キジハタを狙うポイントと釣り方

 

まず始めに、キジハタは夜行性の魚です。
基本は薄暗くなってからが勝負!
大体夕方日が沈んでから、夜10時くらいまでが一番
食いがいいです。

 

狙うポイントは堤防の岸壁スレスレから竿1本分先まで。
敷石と呼ばれる堤防の補強石がある辺りを探ります。

他には磯場であれば実績がありますが、夜は十分注意。
テトラの穴でも釣れますが、大型がかかると取り込みには
一苦労です。ハリス切れに注意して、運任せになりますね。

 

投げてぶっこんでおく場合は、先述のように船道で
海底がえぐれた場所。
海底の沈み根(昼に高い所から見ると、黒く色が違うところ)
を狙うようにします。

 

ルアーつりの場合でも狙うところは同じ。
最近はキジハタ専用のルアーやワームが出ているので
使うならそれを使います。
カサゴ用よりもすこし大きめに作ってあります。

 

※夜釣りでは、サメやエイ、毒魚のゴンズイが食ってくる確立も
あがります。暗いので判別しにくく、うっかり触らないように
十分気をつけます。

 

夏の風物詩、キジハタ。
釣れれば最高のお土産になるので、がんばってみましょう!
眠さと戦って釣りする価値は十分にあります!