IMG_0660

4月の29日に春のチヌ調査で日本海へと繰り出しました!
連休に突入したため、今回は少し閑静な場所をさがして、小浜方面へ・・・
たどり着いたのは、日向漁港です。

ここは三方五湖と海をつなぐ川の河口にあり、乗っこみチヌの実績が高い
釣り場。なんと漁港内には釣堀があり、ほとんどの人はそちらで釣りしてます。

ストイック?な私は、一人堤防テトラの先端に陣取ってフカセ釣り開始。
朝の5時スタートですが、もう明るいですね。

果たして期待の乗っ込みチヌは釣れるのか?

様子見で撒餌を打つと、潮は若干流れていてコンディションもよさそう。
オキアミをエサに1流ししてると・・・ウキが沈んだ!?

引きは弱いですが、手前で落っことしたのを見るとメバル15センチ位。
まだまだメバルは釣れるようです。

IMG_0653

しばらくしてルアーマンが来て、根魚をちょくちょく釣っては遊んでいました。
ここはテトラが多いので、根魚専門で狙っても面白そうですね!!

そうこうしているうちに、次から次へと漁船が沖へ出ていきます・・・
その数の多いこと多いこと。数えただけでも20隻以上。
船は気にしてないんですが、なんと船が大きな流れを作ってしまい、
人工の2枚潮(表層と海底で流れの向きが違う潮)になっている・・・

らちがあかないので、重めのガン玉で仕掛けを安定させることに。
これが功を奏してか、テトラ際で豪快なアタリ!
引きからして間違いなくチヌですが、ここで大きな過ちを犯しました。

かかった瞬間チヌと確信しながらも、中途半端にドラグを締めて魚を
止めようとしてしまったのです。コレの何がいけないかというと、この時期は
海草がたくさん生えています。下手に引っ張り合いすれば、チヌは海草に
突っ込んで隠れようとします。
これを防ぐにはいったん糸を出して沖へ走らせ、沖で魚を浮かせないと
取り込みに苦労するんですが、案の定海草に糸を擦られて切れてしまいました。

ボウズは逃れたいという焦りは駄目ですね・・・・
日も登ってしまい、とても暑くなります。おまけに海は透け透けでベタ凪。
これは駄目かと思いつつも、タナを変えたり、マキ餌の硬さを変えたりあれこれ
やっていますが、かかってくるのはフグのみ

しかしついに刺しえさが無傷で残ってきたり、頭だけかじられるという
状況がでてきました!明らかなチヌのサインです。
針をチヌ2号からグレ針に替え、オキアミも小さめを選んで流していくと、
バッチリ読み通りにヒットしました。

今度こそはと慎重に糸を送り、沖へ走らせるのに成功!
こうなれば後は魚の引きを楽しみながら、海面に浮かせタモ入れ成功。
2011072706490000

実測40センチ無いくらいですが、まぎれもなく乗っ込みのチヌでした。
海底まで見えてしまう程澄んだ厳しい状態でしたが、撒餌の効果で何とかボウズを
逃れました。

その後再度アタリを出すも、先手を取られて一気にテトラへIN!
あっという間に切られてしまいました。ここで集中力が切れて納竿としました。

なんだかんだで釣りは楽しめましたが、多くの課題を残した釣りになりました。
春は海草との闘いでもあるので、いかにしてこれを攻略するかがカギです。

かといって何もないところにはチヌは居ないので困りもの。
針掛かりさせるまでが難しいのがチヌと言われますが、この時期は
取り込みも工夫しないといけないのです。まだまだ経験不足ですね。

今回行った日向漁港は、群れに当たれば10匹以上爆釣できる場所です。
エサ屋さんで情報を聞いていけば、いろいろ教えてくれるので
必ず情報を仕入れてから向かいましょうね。

敦賀でお世話になっている若潮屋さんのページです。
※私の釣果写真も載ってます。