gamakatusyu-zu

釣りに行くときに履いていく靴にも色々あります。

釣り用の靴の性能として求められるのが、

汚れや水に強い

滑らない!

蒸れない・寒さから守る

登山靴と似たような性能を求められます。
登山靴と違うのは、釣りをするフィールドによって、
靴底のパターンが何種類かあるということ。

 

ここを間違えると、おもわぬケガに繋がったりするので
靴は慎重に選び、できれば量販店に山積みされてる
安物はやめましょう。(4,5回の釣行で底がはがれました)

では、どんな種類があるか詳しく見ていきます。

 

磯・岩場で安心のスパイクブーツ!

boot

スパイク、その名の通り靴底に細くて強力なスパイクが
埋め込まれています。

スパイクは、ごつごつした岩場で真価を発揮します。
岩と岩のでこぼこにしっかりと食い込んで、滑るのを防ぎます。

多少の海草が生えていようと、突き抜いて岩に食い込むので
磯釣りでは絶対にスパイクが必要ですね。

欠点

スパイクのデメリットは、テトラポットなどの平らで硬い
コンクリート・波で削られてつるつるで丸くなった岩肌では
ほとんど効果がありません。

運よく食い込む隙間があったとしても、滑りだすと本当に
止まらないのでスパイクも過信はできません。

また歩くときに路面からの衝撃がダイレクトに伝わるので、
釣り場が遠い時には足が疲れます。
カツンカツンうるさいのも気になる人は気になりますね。

 ⇒ おすすめスパイクブーツ

 

フェルトスパイク

spiku

現在最も推奨されている滑り止めの釣り靴です。

スパイクだけの靴底の弱点であった、つるつるの石や
テトラでの滑り止め性能が非常に高くフェルトの凄さに驚きます。

フェルトの中には、スパイクも打ち込まれており
岩場での安定性もしっかり考慮されています。

欠点

一番の欠点は、優れた滑り止め性能と引き換えに
消耗が激しいこと。フェルト(固めた布地)なので、
定期的に靴底を張り替える必要があります。(キットが売っています)
買うときは、張り替え対応できるものを選びましょう。

 

手入れを怠ると・・・ものすごく臭くなります。
フェルトなので水を吸います。水だけならいいのですが、海辺は
有機物がそこらじゅうにあります。
マキ餌や、サビキ用のアミエビの汁を吸おうものならもう大変!!
車に臭いは移るくらい臭くなるので、扱いには注意しましょうね。

 ⇒ おすすめフェルトスパイクシューズ

 

デッキシューズ・ブーツ

船釣りをする人のためのブーツで、水しぶきを防ぎ、
船のデッキで滑りにくい靴底をしています。

シューズタイプは、同じ船でもルアーでジギングするときなどの
チャーター船や近場での釣りする人に人気ですね。

堤防釣りくらいなら、この手の釣りブーツでも代用できる
とおもいますが、場所によりけりなので無理はしないように
しましょう。

 ⇒ おすすめデッキシューズです

 

コラム

Q、 ブーツ(長靴)タイプとシューズタイプ、どちらがいいの??

A、 この問いに答えるならば、自身の釣りスタイルに合わせてください。
ブーツは水しぶきやマキ餌の汚れを防ぐので、磯釣りや足場の低い
釣り場でおすすめします。

シューズは動きやすくて軽く、機動力がありますのでルアー釣りの人や
テトラの穴釣りなど動き回る釣りをする人におすすめです。
大抵は完全防水ではないので、水をかぶらないように注意します。

また、夏はブーツは蒸れますが冬は風を遮断するので、防寒対策には
ブーツに分がありますね。ファー付きの暖かいものも売っていますよ。