クロダイ

自分で釣った新鮮な魚を食べられるのは、釣り人の特権!!

釣ったばかりの天然物の魚の味は格別で、
疲れた体を癒してくれる最高の晩餐になります。

 

しかし適切な処置をしないと味が落ちるばかりか
生臭さが増してしまい、美味しくいただくことはできません。

 

ここでは、釣った魚別の美味しく持ち帰る方法を紹介します。

 

基本的な魚の絞め方と血抜き

 

まず魚を釣り上げたら、大きさを確かめます。
小物であればとりあえずバケツに
大物であれば、スカリ(網)やストリンガーで生かしておきます。

 

生かしておくのは、この状態で血抜きをしても
興奮して全身に回った血が抜けきらないからです。

 

少し生かしておいた小物は、弱る前にバケツから出し
目の少し横目がけてナイフを一突き!!
成功すれば、魚が痙攣してビクビクして血が流れてきます。

 

後は直接氷が魚に当たらないように、袋や新聞でくるんで
クーラーボックスへ。
氷が当たると、その部分だけ肉質が変質してしまいます。

 

大きな魚の絞め方と血抜き

大きな魚は、帰る直前まで生かしておくのがいいでしょう。
クーラーへ入れておくのも大変ですし、痛みを防ぐためです。

海からあげたら小魚と同じように眼の横を一突き。

血抜きをするには、さらにエラ上部を掻き切るか、
エラごと切りとってしまいます。切ったほうが臭みは少ないです。

次に尾びれの付け根辺りの中心にナイフを突き立てます。
これで魚体後部の血抜きをします。

調理の際の生臭さの一番の原因は、
魚体に残った血とエラです。

余裕があれば、内臓も出しておいていいです。
写真とったり、魚拓をとるのであれば絞めずに持ち帰ったほうがいいです。
絞めると若干ですが縮みますので・・・

 

クーラーでの保管方法

 

無事絞め終わったらクーラーへ入れますが、
ここでも直接氷が当たらないように注意します。

こだわる人はや、大型クーラーが有る人はクーラーへ海水を
入れて、氷水を作ります。

その中へざぶんと入れてしまえば、浸透圧の作用で
きれいに血抜きができます。

私は面倒だし重いので、絞めて海水で血を洗い流したら
新聞にくるんでクーラーへ入れています。

あとは、クーラーボックスの頻繁な開け閉めは厳禁。
クーラー内の温度が一旦上がると、魚の熱と合わせて
大きく氷を消費してしまいます。

美味しくいただくには、少しでも保管に気を遣いましょう。