2011072107340000

春は鯛系の魚チヌやマダイの乗っこみ(産卵の為に浅瀬へ集まる)が
はじまります。

太平洋側の紀州・東海圏では3月中頃からつれ始め、
5月いっぱいまで。
日本海側はやや遅く、4月後半から5月後半までがピークです。

この時期は産卵を控えた大型「ビッグママ」とも呼ばれる
大物が狙えるので、自己記録更新のチャンスです。

毎年産卵場所は決まっているので、釣餌屋さんで実績場所を
聞けばそこで間違いないでしょう。
三重県や名古屋港では一帯で釣れ、日本海側敦賀では
河野海岸や若狭の日向漁港などで実績が高いです。

基本的には海草が生えているところで産卵するので、
海草の有無が目安となります。

乗っこみチヌの特徴

この時期のチヌ釣りはある特徴があります。
まず、群れで行動しているということがあげられますね。
中規模な群れで数十匹回遊し、餌をとりつつ産卵場所を目指します。

そのため釣れるときは入れ食いの爆釣!
釣れないときはボーズということも多々ある話。
いかに最新の情報をもとに釣り場へ行くかが重要になります。

必ず釣り場近くの餌やさんで最近の釣果を聞いてみましょう。

釣るときのタナは底だけではない

チヌは通常底狙いというのが定番の認識ですが、
この時期は読めません・・・・
食い気が旺盛なので撒きえさで浮いてくることもあるからです。

水温が低めでも、最初から底ねらいせずに1ヒロづつ落としていく
ほうが釣果を出しやすいです。

1ヒロで釣れるときもありますので、手を尽くしてやる必要があります。

 

エサは柔らかめのものを使う

IMG_0133

この時期はまだ岸壁についたカニやカラスガイは食べません。
釣りの場合は、オキアミやボケ、虫エサなどの柔らかいものを使います

エサとリはまだ少ない時期なので、オキアミで釣れる数少ないチャンス!
岩虫等の臭いが強い虫エサも効果的で、よく食ってきます。

磯や堤防でのフカセ釣りやウキ釣りで狙うのが一般的ですが、
ぶっこみ仕掛けでハリスを長めの2メートル位とって投げ込んでも
釣れてしまいます。この場合は岩虫やユムシが実績高いエサです!

一発大物も、数つりも狙えるこの乗っこみ期に、ぜひチヌ釣りにでかけましょう。