メガディスハイパー1.5

グレ(メジナ)を釣る竿。通称磯竿と呼ばれているものは、
ほぼこいつを釣るために作られた竿です。
1号から1.5号が標準。

2号以上は離島の大物狙い用です。

 

グレ竿に共通するものとして、かなりの先調子であること。
先調子とは、竿の先端1\3位が曲がりの支点になっており、
負荷がかかるとスムーズに竿の中間に支点が移行していく。

 

このタイプの何がいいかというと、魚の俊敏な動きに竿を合わせやすく、
魚の動く方向をコントロールすることに優れていること。

 

グレは取り込む瞬間まで猛烈に引くスタミナのある魚なので、
一瞬の突っ込みで糸を切られることがある。
いかに魚を岩場に逃げ込ませないか、竿捌きでコントロールするために
作られた竿なのだ。

 

 チヌ竿 チヌの引きをしなやかにいなす

 

チヌ(クロダイ)用の竿は、あえてチヌ竿と専門に謳われていることが多い。
磯釣り用の竿と、前打ち・落としこみ用の竿とイカダ竿があり、ここでは
まず私が使う機会の多い磯竿での違いを検証します。

 

チヌ竿の特徴は、とにかくしなやかで柔らかい
号数は0.6号から1.2号などがあり、00号なんてのもある。
柔らかいと扱いにくそうにみえるが、何より魚の引きを楽しめるし
相手がチヌであれば後述するメリットを持ち合わせている。

 

極めて胴調子の竿で、まるで円を描くように大きく曲がる。
胴調子の竿は魚がかかると竿の中ほどから曲がり、「満月」と例えられるように
手元付近まで大きく曲がっていく。
この弾力に優れた竿は、魚の動きを一点に留め、体力をじわじわ
奪っていく性能に優れている。

 

チヌは針掛かりした瞬間の突っ込みは重量感があるが、
グレほど暴れまわらない上にすぐにスタミナが切れる。
食い込みの良い柔らかい竿で確実に食わせ、
掛けた後は竿の弾力でじわじわと弱らせると釣りやすいのだ。

では、この竿でグレの大物を掛けたらどうなるか?
強引にうまく竿を合わせられず、引きで糸を切られないにしても
岩場へ突っ込まれて岩で糸を切られてしまう・・・
体力のある石鯛等も、いいように振り回されてしまうのでばらしやすい。

この竿の違いは使ってみると分かるが、柔らかい竿だと
魚が暴れずにあまり竿を動かさなくても、じわじわと水面に浮いてくれる。
硬い竿なら、竿の向きを変えながら魚の泳ぐ方向をコントロールしやすい。

専用の竿でなければ釣れないということはないが、メインで狙う魚に
あわせて釣りやすい竿を選ぶのも、釣りの楽しみの一つですね。
狙う魚は「こいつ一本!」というときには頼もしい相棒になるでしょうね!