a01_070

夏の敦賀で思い浮かぶのが、大量に釣れる小アジ!

ファミリーフィッシングにも人気があり、手軽に調理して美味しいので
多くの人はアジを釣って持ち帰ります。

でもお兄さん、ちょっと待った!そのアジをうまく利用すると、もっとオイシイことに
なるんですが、話聞いてきませんか??

 

アジの泳がせ釣りで高級食材ゲット!!

 

大量に釣れてしまうアジ。このアジをエサにして、
アジを食べる大型の魚を釣ってやろうというのが泳がせ釣り!

 

釣れる魚は、憧れのキジハタにヒラメ・ハマチ等の青物
きたら、やらない訳にはいきませんよね!?

 

方法は、アジを釣りながらやるのであれば釣ったアジの中で
活きのよさそうなのを選びます(大きさは5センチから10センチ位)

 

下記の様な仕掛けを作り、アジの下あごから鼻先へ向けて針を刺します。
ハリのさし方は色々あり、背中にかけたり、尾っぽにかけたりする方法が
あるので、反応の良いものを試してみましょう。
泳がせ釣り用の仕掛けも売っています。

 

oyogase

 

[titled_box color=”white” title=”簡易泳がせ仕掛け”]

1.道糸(5号か6号)にナス型・しずく型のオモリ(10号程)を付ける。

2.先にオモリだけの状態でポイントに投げ入れる

3.ハリス3号位を、1.5から2メートルとる。市販のハリス付き
仕掛けを使ってもよい。

4.スナップ付きサルカンを結び、投げ込んだ道糸に掛ける。

5.活きの良いアジの口(上あご)に針を引っ掛け、海へ投入する

[/titled_box]

 

基本的にはこれだけです。

アジの口に針掛けするのは、弱りにくさと
魚の多くは、「頭から丸呑み」するので針掛かりしやすくするためです。

 

注意点は、混んでいる釣り場では隣の人と絡んでしまう危険が
ありますので、仕掛けの位置には注意します。

 

上記の仕掛け以外に、普通の浮き釣り用の仕掛けを作って
アジを釣り針に掛けておくという方法もあります。

 

これならばどこをアジが泳いでいるか一目瞭然ですし、
上層を泳ぐ青物にアピールするならこの方がいいです。

 

私は底にいるキジハタなどを狙うことが多いので、ウキは
あまり使いませんが、魚によってはこの方が良い場合もあります
ので、慣れてきたらやってみましょう。

 

もし大物が食いついた場合、サオを一気に引きずり込まれます!
ロープで何かにくくっておきましょう。尻手ロープというものも売っています。
特に青物は猛スピードで泳ぎながら食いつくので、竿が海に向かって吹っ飛んで
行った経験もあります・・・・

 

手軽に大物をゲットできる泳がせ釣り。
青物なら昼間でも釣れますが、キジハタとなると夜に分があります。
敦賀周辺なら、サワラ・ツバス(はまちの子)・シオ(カンパチの子)などが
食ってくる可能性大です。

夜はアジが釣れにくくなる時があるので、エアーポンプとバケツを使って
活かしておくような工夫も必要ですね。

アジだけで帰るのは本当にもったいないです。
空いてる竿で放置しておくだけなので、ぜひやってみましょうね。