当サイトでも出てくる用語として、

ぶっこみ釣り 投げ釣り
という釣りかたがあります。

それぞれの違いを説明しますと、
仕掛けを投入する距離で大別します。

[titled_box color=”white” title=”ぶっこみ釣り”]

使う竿・・・4から5メートルの磯竿を使います
竿の号数は許容ハリスの太さを表します

リール・・・スピニングなら何でも。2500から3000番(ダイワ)

仕掛け・・・シンプルに、オモリとハリスと針のみです。
ハリスの長さや、オモリの重さを調整します。

投入場所・・・目の前から、30メートル位までの近場。
柔らかい磯竿なのでふんわりと投げ込みます。

対象魚・・・クロダイ・マダイ・キジハタ・カサゴ・マゴチ・ハゼ

[/titled_box]

泳がせ釣りもこのスタイルを用います。
磯竿や万能竿を使えば、手軽にシンプルに釣りできる方法。

私が一番使う釣り方です。柔らかい竿を使うので、鯛等の
警戒心が強い魚も釣ることができます。

鯛を釣るときはハリスは長く、2メートルくらい使います。
ハタやカサゴは50センチまでで十分釣れます。

竿が柔らかいので、しっかりと合わせを入れないと
針掛かりしずらいです。

柔らかい竿で釣り味を楽しめるほか、大型の魚がかかっても
引きをいなして取り込みやすいです。

 

[titled_box color=”white” title=”投げ釣り”]

使う竿・・・投げ竿。硬くて重いオモリを使える
竿の号数は、使えるオモリの重さを表す

リール・・・3000番から、投げ専用の大型リール

仕掛け・・・重いオモリと、テンビンという仕掛けを使います。

投入場所・・・とにかく遠くへブン投げる。理想は70メートル以上

対象魚・・・カレイ・キス・コチ・アナゴ・ハゼ・スズキ等

[/titled_box]

堤防や砂浜からポイントめがけてブン投げます。
竿やリールも巨大で重い。投入したら、アタリが出るまでは 
どんと構えて待つスタイルです。

キス釣りやカレイ釣りで使う他、仕掛け次第では鯛類も
狙えます。

竿は重いオモリと、投げるときの衝撃に耐えられるように
硬くて頑丈にできています。
アタリは読みにくく、食い込みはむこう任せですが遠くまで
投げないとなかなか釣れない魚がいます。

竿の弾力で魚の引きを吸収できないので、
力任せにリールを巻くと、取り込むときに切れてしまいます。

どちらも一長一短ありますので、どんな魚を狙うか?
ポイントはどれくらいの距離にあるかで揃える道具も
変わってきます。

個人的にはぶっこみがメインですので、投げタックルには
あまり詳しくありませんが、投げ釣りでは安物を使っても
そう壊れることがないので、低予算でも始められる釣りですね。