Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

IMG_0651

福井県 日向漁港 ひるがと呼びます。
漁港の一角は海の釣堀となっていて、真鯛や青物などを手軽に安全に
釣ることができますね。

堤防の釣り場としては、漁港内から3つほど突堤がでています。
どこでも釣りはできますが、メインで狙うなら白い灯台がある大突堤です。
堤防はさらに Tの字に突き出たところもあり、釣り場は沢山あります。

堤防先端までテトラが入っているので、先端で釣るならテトラに乗らないと
いけないので、足場には注意しましょう。

IMG_0653

ここで狙えるのはチヌ!春の乗っこみ期には三方五湖へ入ろうとするチヌが
大挙して押し寄せてくることが分かっており、5月頃からが期待できます。
ここは三方五湖と海をつなぐ川があり、若干の汽水域ですので、
ハゼやシーバスの魚影が濃いこともポイント!漁港内で浮き釣りやぶっこみで
狙うと数釣れるポイントですね。

大まかな釣り場をご紹介してみます。

テトラに囲まれた突堤は魚種豊富

堤防内はスペースはありますが、邪魔にならない所に車を止めます。
堤防は高い段差になっていますが、階段が設置されています。
階段はとても急なので、荷物を担いで登るときは注意しましょう。

IMG_0660

堤防の周囲は中型のテトラがぎっしりと積まれています。
テトラは先端にも入っていて、大きさも手頃なので穴釣りも期待できます。
カサゴやアイナメを釣るならテトラで狙ってみるといいです。

しかしやはり本命はチヌ。
堤防先端が潮通しもよく、漁船の出入りも激しいので海底がえぐれて
水深もある場所です。
全体的に水深は浅めであるので、テトラ際から20メートルくらい沖が狙い目。

注意点は、春は海草がテトラに茂るので、取り込みは困難を極めます。
魚がかかったら、一旦糸を出して沖に走らせ沖に出たところで弱らせてから
浮かせてこないと、手前のテトラに突っ込まれてしまいます。
テトラでの釣りになるので、「どこで魚を取り込むか?」を計算して釣りしましょう。

IMG_0652

堤防先端付近は潮通しもよくてウキフカセ釣りするには最高ですが、
河口であるのと、漁船の出入りが本当に激しいです。
漁船の影響で流れが変わってしまうくらいなので、先端そのものより
外海側のテトラ先端寄りの方が釣りやすいですね。

マメ知識 三方五湖
釣り場に隣接する、三方五湖。古くは万葉集にも詠われる美しい湖です。
道中には観光施設もあり、日本海有数の景勝地として知られています。
この三方五湖は入り組んだ複雑な形をしており、隣接して海とつながっているため
汽水域の魚や海水魚も入り込んでいる変わった生態系です。